本文へスキップ

株式会社アーキトップは、木材・住宅機器の販売から建築、空き家・空き地等不動産の買取り・販売まで「住まいと暮らしの困った」を、解決する会社です!

電話でのお問い合わせは0883-35-6119

〒771-1703 徳島県阿波市阿波町丸山65−1

アクセスaccess

まばゆい光と木の香りの中紡がれていく家族の新しい物語

ご家族の土地の一部に新居を構えたOさんご一家。ひとつの庭を囲み、ウッドデッキでゆるやかにつながりながら親子2世帯の新しい暮らしが始まりました。

まずは出会いのエピソードから紹介しましょう。

展示場でひと目惚れ 素材を活かした木の家

 「もう、ひと目惚れでした。小細工をしていない、素材を生かした家。こういう家こそ日本の家というのかもって思うんです」

その後もいくつかののモデルハウスを見学。家づくりの勉強会にも出席した。

「その中で、日本的に良い住まいとは、家には光と風の通り道が必要だというお話がありました。つまり、風が入ってきたら抜けていくよう道を作ってやらなげればならない。たまった熱もひとつ所にこもらないよう、配慮しなくてはならない。自然をシャツトアウトせず、光と風を取り込みながら心地よさを追求する木の家。僕らが心惹かれる理由もそこにあったのかもしれません」。



東側に庭を眺めるO邸は、家全体が朝いちばんのまばゆい光に満たされる。ダイニングにももちろん朝の光と家族の笑顔が



すっきりとした清潔な玄関。正面扉奥は家族専用の出入り口。靴箱や収納もこの扉の向こうに



子ども部屋の上には木の住まいの魅力を満喫できるロフトが。2人の息子さんたちが大好きなスペース



2階の子ども部屋。窓からは隣接するおじいちゃんの家もよく見える。いずれは2部屋に仕切る予定

信頼のサポーター 営業担当への感謝



造り付けの収納棚やカウンターに効果的に木を配した、対面型のキッチン。お風呂やトイレへの動線もスムーズ。カウンターには子どもたちのカラフルなおもちゃをレイアウト

 Oさんのお宅はご主人のご実家の目の前に建っている。

 「もともと、ここには親が建てた古い借家があったんです。でも、その借家を取り壊すことになり“じゃあ僕らが帰ろうか”と。ただ、今の土地に僕らが家を建てるには少々複雑な手続きが必要でした。土地や税金の専門的な知識がなければ、とうてい理解できない関門でもあったんです」。

 夢や憧れだけでは実現しない家づくり。だからこそ、その道のプロのカが必要なのだ。

 本当に大げさな話じゃなくて、あの人がいてくださらなければ、この家は建っていなかったと思います。ネットワークを駆使していろいろな専門家の話をまとめていただいたおかげで、僕らはその中からより良い方法を選択できたんです」。

 どんなに専門的な問題でも、決断を下すべきなのは家を建てる本人たち。少しでも決断しやすいようにとサポーター役に徹してくれた担当スタッフの姿勢に、心から感謝するOさんご夫妻なのだった。

母屋との一体感で二世帯がひとつに

 O邸のテーマは母屋との一体感がある住まい。庭を囲んで、ご主人のご実家とのつながりを念頭に置いた設計になった。

 障子を開けると、ご実家の庭や母屋にもつながる小さな橋がついたウッドデッキ。「じいじーっ!」っておじいちゃんを呼びながら、子どもたちはいつもここを通って母屋へ遊ぴに行くのだそうだ。

 「家づくりって本当に奥が深いと改めて思います。メンテナンスやリフォームなどを通して末永くお付き合いしたいですね」。

 親から子へ、そしてまたその子どもな代々受け継がれていくOさんご一家の家づくりの物語に、欠かせない存在となったようだ。



手前の小さな橋に注目!ご実家の母屋とつながるウッドデッキ。ここでのバーベキューも楽しみ



年数が経つにつれて色が濃くなっていく津江杉の床。初々しい木の香りに家中が包まれていた



LDKや和室の窓にはロールスクリーンの代わりに障子を設けた。洗濯や掃除の手間がなく、見た目にもすっきりと美しいので「正解だった」と大満足。「夜に外から見ると、ほわーんとした明かりが灯って、とってもいい雰囲気なんですよ」



白を基調にした清潔感あふれるバスルームとトイレ。トイレには小さな窓もあり、圧迫感を感じさせない設計に


「ここに寝転んで上を眺めるのが好きなんですよ」とご主人。寝転がってみると明かり取りの窓や子ども部屋、表情の美しい木の天井がよく見える。家を建ててよかったと思えるひと時だ
脱衣所と洗面所。洗濯コーナーもこちら。左手に扉があり、表に洗濯物干し場が。室内乾燥も可能で雨の日はとても重宝