本文へスキップ

株式会社アーキトップは、木材・住宅機器の販売から建築、空き家・空き地等不動産の買取り・販売まで「住まいと暮らしの困った」を、解決する会社です!

電話でのお問い合わせは0883-35-6119

〒771-1703 徳島県阿波市阿波町丸山65−1

普通に建てると自然素材の家 

「うちは予算がないから普通でいいです」というと、床は合板フローリング、壁・天井はビニールクロスで仕上がった家になります。しかし、合板フローリングは、薄くスライスした木材を接着剤で張り合わせたもの。ビニールクロスは、本物のクロスを真似て作った石油製品です。

接着剤で張り合わせた合板と、石油から作った塩ビの壁紙が、本当に普通でしょうか? 確かに、大手ハウスメーカーも地元工務店も、「普通」というと、合板フローリングとビニールクロスになるので、普通と言えなくもないですが、井上建築は、自然素材が「本来の普通」だと考えています。

しかし、「過剰な品質」を、希望されないお客様に押し付けることは、価格を高くするか、トラブルの原因となるので、1室だけを自然素材仕上げにするという提案をさせて頂いていただくこともあります。

無垢フローリング

普通のフローリングというと、「合板」を指すほど、合板フローリングが一般化しました。複合フローリングとか、カラーフロアー、高耐久フローリングといった呼び方もされますが、いわゆる接着剤で固めた新建材です。

しかし、本来フローリングは、「無垢の木」で出来た床材の筈でした。乾燥や加工が悪いと反ったり割れたりということがあり、無垢の特性を説明できないプロと、ちょっとのことでクレームにするユーザーによって、無垢はメンテナンスが大変といったレッテルが張られて今日に至っています。

ところが、キチンと乾燥させ、丁寧に加工された製品は、反ったり割れたりといった大きなトラブルは本当に少なくなりました。

確かに床材そのものの価格自体が高いということ、施工に手間がかかるので、合板フローリングより多少高くなるんですが、10年、20年で色褪せたり、剥がれる可能性がある合板フローリングと比較すると、耐久性があるので、かえって経済的だとも言えます。

しかも、無垢フローリングは、合板フローリングと違って、経年変化が美しく、キズも愛しいものに変わっていきます。 無垢フローリングにはそんな魅力があります。

塗り壁

ビニールクロスが「普通」になってからは、「エコクロス」も「塗り壁」も、少数派の仕上げ材になってしまいましたが、「塗り壁」の豪華さ、美しさ、快適さはワンランク上の内装仕上げ材です。

しかし、壁の下地が「土」で出来ていた時代と違って、ほとんどのお宅の壁下地は「石膏ボード」です。これは、自然素材を得意とする工務店も、ビニールクロスを標準的に使っているハウスメーカーも同じことです。

壁を漆喰にすると、調湿性があって、室内が快適になると考える方も多いと思いますが、漆喰そのものは調湿性能の高い素材ではありません。昔の家で、漆喰が調湿したのは、下地が土壁だったからです。

今のように、壁の下地が100%石膏ボードの場合、表面に1mmとか2mm塗る仕上げ材の性能によって、調湿するかしないかが決定されるのです。

調湿する内装材には、JIS規格で決まりがあって、1u当たり、24時間で70g以上の調湿性能がないと、調湿建材と呼べないことになっています。一般的な漆喰は、調湿量が40g/u/24h程度しかないので、調湿建材とは呼べません。

調湿性能に関していえば、珪藻土系の塗り壁材の方が圧倒的に性能が良いと言えますが、珪藻土の含有量、固め方によっても調湿性能は左右されるので、珪藻土であれば、どの製品でも、調湿性能に優れているという訳ではないのです。

漆喰系の塗り壁材は、表面がツルっとしており、珪藻土系の塗り壁材は、ゆず肌になる。また、表面がマットに仕上がったり、艶が出る仕上がりになる製品など、各種の製品が出回っているのです。

 

自然素材を使用しましょう!

子育て世代の方であれば、特に、自然素材を取り入れた家にしたいとお考えのことだと思います。しかし、自然素材は高い、私には無理。だから「普通の家」でいいことにしよう。そう考える方が多いと思います。

しかし、合板フローリングと、ビニールクロスは普通ではありません。ほかの人も皆、そうだから、「私も仕方ない」「高望みじゃないのか?」そのように、諦める理由を探して欲しくないのです。

いくら自然素材が高いからと言って、内装だけを、ほんのちょっと変更しただけで手が出なくなるということはあり得ません。

多くの一般的な工務店やハウスメーカーでは、無垢材や塗り壁をユーザーに勧めることで、あとのメンテナンスが面倒だと考えて、「諦めさせる」方向に誘導しているだけなのです。自然素材にしたいという気持ちを諦めないでください。

差額程度の金額で、自然素材を取り入れた家は建ちます。詳しいことは、井上建築にお問い合わせください。建築中の現場を見学できる見学会、OBのお宅への案内もしております。

自然素材を取り入れた気持ちイイ家づくりが、大好きな地域密着の建築屋です。

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方、お問合せください。
 


ナビゲーション